2010年12月16日

盛岡/劇団コトナコナタ 代表 渡辺弘康

「サンタめん」を見たのは猛暑も過ぎ去ろうとしている今年9月のことでした。

ワゴンにたくさんの荷物を載せてやってきた不思議な4人組。そして組み上がる舞台。サンタ男のパネルやら「見世物小屋」の看板はまさに見世物小屋の雰囲気そのままおどろおどろしい感じ。

「この人たちはどんな芝居をしてくれるのだろう」と楽しさ半分不安半分で客席に座っていた自分を待ち受けていたのは、その全部がいとおしくなるような、そんなお芝居でした。

印象的だったのが、子供がはじめ離れて見ていたのが、どんどん夢中になって身を乗り出すように観ていたということ。子供を飽きさせないで見せることができるというのはすごいことだなと感服しました。

そんなわけで「サンタめん」面白かったです。生まれ故郷の札幌でもたくさんの人に見てもらえたら…と願わずにいられません。

盛岡劇団コトナコナタ 代表 稲邊弘康 氏
posted by skc at 08:11 | 各地より応援コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。