2010年12月02日

はじまり

201011301932001.jpg
おかげさまで無事に30都市まわらせていただきました。
全国の皆様、お変わりないですか?
帰ってきました。サッポロ。そしたらもうあっちゅーまに雪です。
冬用タイヤを積むスペースなんてなかったので、ギリギリセーフでした。
お疲れさまのワゴン、今年もまたおいしそうな感じに雪が積もってます。
201011301918000.jpg

全国各地で、本当にお世話になりました。
このワゴンのたびは、少しづつ形を変えて全国を目指して進んでいきます。
このどさ回りも来年で5年目を迎えます。
どうやらやっと認知されてきたかなぁという感触があります。

続けていると、ときに痛みもともないます。
ぼくらを取り囲むこの演劇環境は、相変わらずだからです。
相変わらず、世界に対して、ぼくらは無力なのだと思います。
だけど、出会いと別れの記憶において、人と人との繋がりにおいて、僕らは無限の可能性を持つような気がしてなりません。
ぼくらはその痛みの分、強くなれるかもしれない。
約束の力が、目の前の霧を晴らす唯一の方法かもしれない。
今年の旅はことさら強く、そういうことを思いました。


どこの馬の骨かもわからないサッポロの若輩者を受け入れてくださったその上に、
凱旋公演によせたコメント、本当にどうもありがとうございます。
なんどもなんども読み返します。
しかもそれをサッポロのだれかに読んでもらえるかと思うと、本当に嬉しいです。

そうそう。
今、大原慧が書かされている連載、ぜひぜひお読みくださいませ。
これもたぶん痛みのひとつです。
ぼくらは笑いながら、その痛みの行方を見守ろうと思っているのです。

ぼくらは強くならないまでも弱いわけにはいかないのだと思うからです。

色々な想いをこめまして、こっそりと凱旋公演させていただくことになりました。

千秋楽はこっそりユーストリーム、全国の皆様にあらためてご挨拶出来たらと思います。
ニューフェイスの発表も予定しています。
全国各地でぜひともご覧いただきますようよろしくお願いいたします。



ぼくらはまた来年も、
ワゴンに芝居と痛みと約束をのっけて全国ゆきます。

今年の凱旋公演は、来年の旅のはじまりなのかもしれません。

では。
ご来場お待ちしています。

2010年12月2日
札幌ハムプロジェクト代表
すがの公
ワゴンアニメ.gif
【代表よりの最新記事】
posted by skc at 03:52 | 代表より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。