2010年11月29日

大原連載 その3<連載を書くという事>

大原連載 その3
<連載を書くという事>


大原連載その2で
「わかんないことだらけでパニックになって、出発の頃の事は覚えていない」
と書きましたが、あれは嘘でした。
忘れてはいけない程の迷惑を周りにかけていたのにも関わらず、
いざブログに載せる時になって嫌われたくなくて格好つけて、全部自分が悪いのに、パニックや金の無さのせいにしようとしました。

ごめんなさい。



今年も旅周りに参加するという約束を去年からしていたのに、
その予定で企画もしていたのに、各地の人達に「来年も行きます」と言っていたのに、
それを全部無駄にする事をしようとしました。


旅の準備も周りの人達に叱られたり、考えてもらったり、色々助けてもらっているのに
「なんでオレばっかり」「辞めると言わなければ良かった」「みんなオレの事嫌いなんだ」
とずっと思っていました。

叱られるのが嫌なのと、面倒くさいだけなのに、パニックのせいにして逃げる事を考えてました。



僕はサンタめんが終わったらハムプロジェクトを辞めます。
嘘をついて辞める事をしない為にこの連載を書きます。
僕はよく嘘をついて格好つけたり、嘘をついて周りを傷つけたり迷惑をかけたりします。
その事も、周りの人に言われて気付きます。


この連載を書くという事は、自分で考えた訳ではありません。
ハムさんからの指令で書く事になりました。
ハムさんから指令がなかったら、嘘をついて辞めようとしていました。
なので、嘘をつかずにこの連載を書きます。
posted by skc at 01:11 | 大原連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。